写真投稿コミュニティ フォトパスTOP > 写真コミュニティ フォトパス コミュ
Fotopus Commu(フォトパスコミュ)

[花 コミュ] トピック

2017年10月11日
06:53

ススキ大作戦~Ⅱ


箱根仙石原の夜明けです。

書き込み

前を表示

67番~86番を表示

2017年
10月05日
16:37

>61:ラムママさん
>銀狼・・・銀の毛をもつオオカミ、ススキを精悍で野性的なイメージに例えるほど迫力のある場所、と言う事でしょうか? 住んでいる所の事ですが・・・(笑)

2017年
10月05日
16:38

>63:レイメイさん
まだほんのりと赤みの残った穂、綿毛になる前の色っぽい姿ですね。お寺は普段あまり縁の無い場所ですが、こうしたマリアージュの魅力を求めて歩くのも一興・・・あっ、それで鎌倉か?(笑)

2017年
10月05日
16:43

>64: nonoyuri さん
初めまして、管理人の片岡です。残り少なくなってきた花コミュですがまだ時間はたっぷり、最後まで楽しんで行って下さいね。
>半逆光のススキ・・・光のチョイスも素敵ですが、何より素晴らしいのは「風」を感じる事、高原に吹き渡る秋風を、いま頬に感じました。本当です(笑)

2017年
10月05日
16:47

>65:浜爺さん
懐かしの横溝屋敷、一年を通して被写体に恵まれている素敵な場所なんですね。ふらりと行って撮る何気ない一枚、それでも季節感を感じられるのはこの場にある「福」の所為かも・・・(笑)

2017年
10月05日
16:50

>66:もも影さん
>直立・・・なんでも若いときはツッパラかるもんです。 まだ綿毛まで成長していないのでしょう。旅立ちの準備ができていないうちは、しっかりと親のすねにかじりついてその時を待ちます。はい、管理人もそうでしたから・・・・(笑)

2017年
10月07日
21:46

72: NIL

地に生えているススキではありませんが・・・

2017年
10月08日
09:15

ご近所小山、ススキが存在感を出し始めました。
本格的な秋はこれから・・ですね。

まだわずかに夏色を残す初秋の風が微笑んでいました。

2017年
10月08日
11:55

74: 胡蝶

千畳敷に行く前にちょっと寄った赤ソバの畑を前景に逆光に輝くススキを。

2017年
10月08日
21:38

NILさんと同じく、山手西洋館のアレンジのススキ。

2017年
10月09日
13:29

76: NIL

今日は日が差していたのでススキとキラキラを撮って見ました。

2017年
10月10日
17:32

>72:NILさん
ススキの情緒はこうして生け花にされたほうが際立つかもしれませんね。イメージだけを抽出する様に生けられた姿は、地植えのススキよりある意味完成度が高いかも?(笑)

2017年
10月10日
17:36

>73:ちょこままさん
ほう、これも秋の乾燥した微風を感じますね。肌にサラッと心地よい風、いつの間にか秋も深まって、心はもう次の季節の予感に溢れています。こうして回り続ける季節、管理人も同じ様に回り続けて歳を取って行くのだな〜・・・秋ですね(笑)

2017年
10月10日
17:38

>74:胡蝶さん
ススキを強調するにはもっとアングルを低く、前ボケを活かせば・・・(笑)

2017年
10月10日
17:42

>75:レイメイさん
人工的にレイアウトされた生け花はある意味イメージの抽出、それをまたレンズで自分のイメージだけを切り取る・・・二重に浄化されたイメージは何処までも純粋にならなければなりません。そのためにもタイトルは必須?(笑)

2017年
10月10日
17:44

>76:NILさん
丸ボケの形はまん丸なので絞りは開放、でも小さめの形は・・・たぶんズームレンズ?(笑)

2017年
10月11日
06:54

82: 夢八分


トピのタイトル写真を変更しました。
デジタルカレッジの舞台
「仙石原」です。

2017年
10月12日
16:43

>82:夢八分さん
お〜、すでに晩秋の光を感じさせる仙石原の作品ですね。今度のカレッジでこういうのを狙っています。日没の斜光、夕日狙い・・・やっぱ ハーフNDが有効?

2017年
10月13日
11:39

>67:片岡先生
>迫力のある場所・・とんでもありません、ま、標高400m近く一応高原と呼んでますけど(笑)ただ、放置されてるワイルドな場所はまだまだありまして・・ススキはわんさかです(笑)

というわけで、外に出ずともそれなりのススキ~(笑)

2017年
10月14日
10:31

>84:ラムママさん
外に出て撮ったか、そうでないかは作品には現れません・・・多分。 ただ、画面から感じる余裕のようなものは、十分にあるかもしれませんね。のんびりと雨風に悩まされることなくカメラを構える、理想です!(笑)

2017年
10月24日
01:28

回り続けても、決して同じ季節が廻って来るわけではない。そういう変化に気づいていけたら人生きっと楽しいのかなーなんて(*^_^*)

雨の裏磐梯、雫を纏ったススキも素敵でした。

前を表示

67番~86番を表示

ページトップへ戻る

Fotopus PARK
キャンペーン