写真投稿コミュニティ フォトパスTOP > 写真コミュニティ フォトパス コミュ
FotoPus Commu(フォトパスコミュ)

[虫コミュ] トピック

2017年02月14日
19:59

チャレンジ! 飛翔写真Part3

おかげさまでPart3に突入です!

OM-D E-M1 Mark II が発売になって飛翔写真が
身近な存在になって来ました。
こうした写真がAFで追いながら撮影出来るようになるとは、
機材の進化に驚くばかりです。

皆様の力作をお待ちしていますね!

書き込み

前を表示

167番~186番を表示

2017年
06月18日
08:12

>163: クマジイさん

ホバリングの特性を生かして翅だけをブレさせている分、
動きが感じられる写真に仕上がっていますね!

135mmはエクステンションチューブとの組み合わせでも
無限遠が出るので、少々大きめながらも使い勝手は
抜群です。フイルム時代には明るさが若干暗いようにも
感じられましたが、感度が上げられるようになった事もあり、
改めて設計の良さを感じられるようになりました。

関東では、まだ見られないアオビタイトンボに
会いたくなるようなインパクト抜群の一枚です。

2017年
06月18日
08:26

>164: kokkonさん

抜けの良い青空をバックにしたフィッシュアイの
飛翔写真は、とても爽やかですね!

飛翔写真で翅の位置がどこに来るかだけは
運任せなので基本的には数を写して、その中から
選別する形になるのですが、構想がはっきりしているほど
不思議と思った通りに撮れるようになるもので、これは
偶然だけでは無いのかも知れません。

今年から規定が変わったフォトコンは私の友人でもある
Mさんが審査員をされているものでしょうか。
そちらは私の娘も2年連続でキッズ賞を頂いているので、
kokkonさんの作品も楽しみにしていますね!

2017年
06月18日
08:38

>165: kzmさん

フィッシュアイを使った、このアングルでの飛翔写真は
子供の頃に見えていた風景を思い出させてくれますね!

純粋に夢中になって虫を追い掛けていた頃の記憶は
今の自分にとっても大切な財産です。

2017年
06月18日
08:44

>166: NILさん

あじさいとクマバチは季節感を感じさせてくれる
良い組み合わせですね!

少し前のオスばかり見られていた時期と違って、
メスも多くなっていますが、手で掴んだりしない限り
刺される心配が無いので安心して撮影出来る所が
嬉しい被写体です。

2017年
06月18日
19:20

茶色の羽のトンボが飛び立つところを撮ろうと狙っていたら、後ろからシオカラトンボが飛んできてちょっかいを出してきました。
虫に疎いのでよくわからいのですが、もしかして茶色いのはシオカラトンボのメスでオスがメスに求愛しているところですか?
茶色の方はシオカラトンボを威嚇して追い払おうとしているように見えました。
こんなシーンが撮れてちょっとビックリの一日でした。

2017年
06月18日
21:52

172: kokkon

その通りです。Mさんが審査員をされているものです。第1回からずっと応募していて、一番楽しみなフォトコンです。

これは14日の撮影でフォトコン用にアップしなかったた分です。昨日撮れた分と入れ替えました。

2017年
06月19日
07:37

>171: Toriさん

この焦点距離のレンズは使い慣れているとあって、
さすがに良いタイミングでシャッターを切られていますね!

実はこのトンボ、シオカラトンボに近縁の「コフキトンボ」
という種類の雌雄です。

コフキトンボのメスにはシオカラトンボのメスと同じタイプと、
この写真に写っている個体のように翅に帯が入るタイプの
二つがあって、こちらは通称「オビトンボ」とも呼ばれています。

普通のタイプに比べて数が少ないオビトンボで、
このシーンが撮れるとは、やはり何かを持っていますね!

2017年
06月19日
08:10

>172: kokkonさん

2016年の特選入賞おめでとうございます!
さすが第1回から応募されているだけの事はありますね。

これ程の写真と入れ替えた作品が応募予定ならば、
今年は最優秀賞も視野に入って来る事でしょう。

私の娘も一昨年から応募を始めて2年連続で
キッズ賞を頂いているので、今年も鋭意作品を撮影中です。

一緒に受賞出来るのを楽しみにしていますね!

2017年
06月19日
20:44

>173: 黒柳先生
教えていただきありがとうございます。コフキトンボにオビトンボだったんですね。名前を知るとまた一段と興味が湧いてきます。
M1MkIIとサンヨンの組み合わせは超お気に入りですので、おそらく撮影の9割以上はこれで撮っています。
被写界深度が浅くて飛び立った後のピントが合わない事が多いのですが、これからの季節、蝶やトンボなどたくさん撮ってみたいと思います。
モンシロチョウとモンキチョウの飛び姿も撮れました(^^)/

2017年
06月19日
21:51

kokkonさん を目指しているのですがなかなかうまくいきませんね(T_T)。

被写体が暗くなるのは去年からまだ対策出来ていませんし、
複数の全部にはピントが合っていませんし。

2017年
06月20日
07:15

>175: Toriさん

どういたしまして!

お気に入りの機材を使い込む程に自分なりの
ノウハウが蓄積されて行くので、これからの季節は
楽しみが多くなりそうですね。

鳥に比べて被写体が小さくて撮影距離も近いため、
被写界深度が極端に浅くなりますが、プロキャプチャーモードなら
飛び立つ瞬間を確認しながら撮影出来るため、
その時の挙動で、どの方向に飛び立つかなどの微妙な所が
徐々に見えて来るはずですよ!

2017年
06月20日
07:42

>176: 人人己己さん

kokkonさんの写真は構図やピントもバッチリな上に
露出のバランスも抜群で、とても勉強になりますね。

空や太陽をバックに撮影すると、どうしても主役が
露出アンダーになり易いので、私はストロボを
微発光させてレフ板代わりに使う事で背景との
バランスを取っています。

複数の個体にピントを合わせるコツは、被写界深度を
稼ぐのと、画面からはみ出すのを防ぐために通常よりも
2cmほどピント位置を遠く設定して撮影するのを基本に
していますので、参考にしてみて下さいね。

2017年
06月20日
20:26

179: kokkon

>174: 黒柳先生

ありがとうございます。
また、娘さんの連続のキッズ賞おめでとうございます。
2017年はM先生の講評もあるようですので、広島へ行けるように気合を入れて撮っております。少々空回りしておりますが・・・・・
172の写真は構図は気に入っていたのですが、翅が傷んでいるので外しました。

>176: 人人己己さん
ありがとうございます。目指されるほどじゃないですよ。
どうも私はストロボをまったく上手く使えないので、フィッシュアイで近距離からのノーファインダーばかりです。なので、どこで撮っても同じような画になってしまい、後は蝶と雲と太陽次第の運任せです。

2017年
06月21日
09:23

>179: kokkonさん

M先生の講評が聞けるとなれば、自然と力も入りますね。

こうした構図を決められる位置に自分が動けるのは、
間合いを理解されているからこそ出来る技ですので、
フィールドへ数多くでて、チャンスに巡り合う確率を高めれば
最優秀賞も夢ではありませんよ!

2017年
06月21日
19:42


カメラを向けられ飛んで逃げたマドボタルですが
後翅がタマムシ並に短いのね。

2017年
06月21日
21:19

なかなか、こっち向いてくれませんね(汗)
やはり気配を感じ取って飛ぶからでしょうね。

2017年
06月21日
22:01

183: 胡蝶

長野まで蛍遠征に行ってきました。
山法師の周りで愛を語る蛍たちです。

2017年
06月21日
23:07

>181: くまじろうさん

ホタルがタマムシと同様に前翅と後翅の長さが
同じタイプとは盲点でした。

飛んで逃げる瞬間を撮り逃さなかった
瞬発力の勝利ですね!

2017年
06月21日
23:18

>182: RANA_SPさん

確かに、こちらの気配を察して向きを変えるように感じる事も、
しばしばあります。

もっとも個体差も大きいようで、こちらを気にせず好きな方向に
向きを変えて飛んで行く事もあるので、上手く回りこんで数多く
シャッターを切るのが一番でしょうね!

2017年
06月21日
23:30

>183: 胡蝶さん

これだけの乱舞が撮れれば遠征した成果もバッチリですね!

蛍たちの囁きが聞こえるような背景の繊細な軌跡と
手前の力強い軌跡の程好いバランスが写真に
奥行きを与えています。

前を表示

167番~186番を表示

ページトップへ戻る

Fotopus PARK
キャンペーン